6/8(月)18時~(時間変更)冨田さんの麻墨染めワークショップ開催★

久しぶりに冨田貴史さんの手仕事ワークです。
染めだけでた~っぷり3時間はかかるということで18時スタートになりました!
古来より日本人の生活に欠かせない存在だった麻。
麻は浄化、清浄の力が強い植物で、衣類や縄、紙などに使われきた植物です。さらに麻を炭化させた麻炭は木炭や竹炭と比べても非常にキメが細かく、麻炭で染めた衣類はその着心地のよさ、色の美しさだけでなく、消臭、浄化といった「薬効」をはっきり実感することができます。
今回は麻炭とEM菌をブレンドしたCOSMIC HEMPと鳥取県智頭町で栽培された大麻の麻炭を使用します。
染め素材は当日購入いただくか、ご持参いただけます。
お持ちいただく場合は天然素材の、綿、絹、麻、ウールなどをお持ちください。
染素材は、大きくて120g(tシャツ1枚程度)。

冨田さんはヘンプコットンの手ぬぐい生地、うふではオーガニックコットンのさらしを量り売りできます。

18時~19時 食事をしながら説明
19時~22時 作業

4,500円(うふおむすび&お味噌汁付)

冨田貴史(とみたたかふみ)
1976年生まれ 千葉県出身、京都府在住。
旧暦、マヤ暦、13の月の暦、地球歴、時間、お金、原子力などについて語らうワークショップのファシリテーター。
ドキュメンタリー映画「六ヶ所ラプソディー」の上映会を全国120ヶ所で企画。
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」製作スタッフ。
「エネルギーシフトを考える、データバンク・プロジェクト」立ち上げメンバー。
原子力、核による放射能汚染、被ばく、それらが持ち込まれることによって起こるあらゆるトラブルの解決を願うブログ、
「Radio Active]で情報発信中。
著書「わたしにつながるいのちのために」
「美しい海と私たちの未来」
「つながりのなかではたらきまなびあそぶ」(共著)